廃油を安全に処理する方法|PCB分析で有害物質汚染を防ぐ

グラフ

自然を大事にする

公害などの問題

科学

日本は高度経済成長期を経て産業が発展してきました。そして先進国の仲間入りをして、一般庶民の生活も安定し豊かになったと言われています。ただその影でいろいろな問題が起こっているのです。基本的には誰でも知っている公害というものがとても問題となったのです。工業排水を川などに流したために、水質が汚染されそこに住む生き物たちの自然系が崩れてしまったのです。最近では、人の意識も変化して自然を大事にするに動きが高まっています。産業廃棄物をきちんと処理することもとても大きな課題となっています。PCB廃油もその1つで、産業廃棄物として処理されるようになったのです。PCB廃油は人体に外を及ぼす特徴がありますので、 1970年代には使用が禁止になっていたものなのです。

PCB廃油の処理は2000年に入ってから制定されました。世界的にも条約が交わされ、2028年までにはPCB廃油の処理を終わらせるようになっているのです。このPCB廃油が世間一般に問題になったのは、1970年頃のカネミ油症事件がきっかけだったのです。これによりPCB廃油を使っていたトランスや、コンデンサの使用が禁止となったのです。そのためにそれを使っていた企業は、それを30年間ぐらい保管していたのです。やっと最近ではその処理施設などが完成して処理できるようになったので、企業側としてはとても助かっているのです。その処理を受け入れている自治体なども、とても慎重に処理を行っていますので安心していいでしょう。