廃油を安全に処理する方法|PCB分析で有害物質汚染を防ぐ

グラフ

人体に及ぼす危険性

電化製品に気をつける

科学

PCBが一般的に知られるようになったのは、カネミ油症事件が発端でした。その事件によりPCBが人体に及ぼす危険性が判明したのです。ですからPCBが使われている機械などの使用が禁止となったのです。その油を使っているトランスやコンデンサは廃棄物となりましたが、処理施設が完成するのが遅れたために、ずっと事業者などが保管をしていたのです。最近になってやっと処理施設が完成したので、PCB廃油をきちんと処理できるになったのです。また、電気製品などにはPCB廃油が残っている場合があるかもしれないので、気をつけましょう。それを判別する場合には、成分表示などが付いていると思いますので、その成分をインターネットなどで調べてみて比較すると良いでしょう。

処理施設の完成

PCB廃油は人体に危険を及ぼすのです。ですから1970年代を境に使われることがなくなったのです。ただその使用禁止になったPCBを含有する機械は、処理する施設がないので、事業者がそのまま保管をしなければいけなかったのです。最近では処理施設の完成により処理がスムーズにできるようになったのです。処理施設ではとても慎重に取り扱いをしています。施設内ではもちろんのこと産業廃棄物であるPCB廃油を持ってくるルートなどにも気をつかっているのです。このようにとても慎重に、そして安全を測りながら処理を進めているのです。処理も2028年までには終わる予定となっていますので、PCB廃油が入った電化製品などを使っている人も、きちんと調べてみると良いでしょう。